健康診断とは

スポンサードリンク

ホーム > 健康診断とは

健康診断とは

何にも異常がないのに、なぜ健康診断を受けなければならないの? このような疑問を抱いている方は多いと思います。でも、健康診断にはある重要な意味が隠されているんですよ! そこで、今回は健康診断がもつ意義と目的について考えてみましょう。

健康診断の意義と目的

健康診断の意義と目的心身の異常に関わらず、疾患の予防・早期発見のために医師が診断することを「健康診断」といいます。では、なぜ健康診断が必要なのでしょう? 

それは「治療」というよりも、むしろ「予防」という現代医学の見地からです。そもそも疾病の大半は急に発症するものではなく徐々に進行するため、気がついたときにはかなり進行していた・・・というケースも少なくありません。それを防ぐためには、病気にかからなくても定期的に病気があるか否かを見つけだすための検査が必要なのです。

どんな種類があるの?

健康診断は診察や各種の検査によって健康状態を評価することを目的としたもので、大きく分けて2種類あります。

義務

学校の職員や生徒、公務員、労働者などに対して義務付けられている健康診断で、その結果を個人にフィードバックして自主的な健康管理を促すのが主な目的です。

また、個人の健康状態から推測して、学校や職場環境の改善および調節などを促す目的もあります。

任意 個人の意思によって受ける、任意の健康診断です。代表的なものとして、市区町村などの自治体が行う住民検診や全身の詳細な検査を行う「人間ドック」と呼ばれるものがあげられます。こちらは健康維持や疾患の予防、早期発見、早期治療が主な目的です。
ページの先頭へ戻る

「健康診断」と「人間ドック」の違い

私たちのまわりには、およそ8,000種類にものぼる病気があります。そのうち、健康診断で発見される病気は1,000種類ほどに過ぎません。一方、人間ドックでは5,000種類もの病気を発見できるとされています。ただし、人間ドックは健康保険が使えないため、全額自己負担です。

  健康診断 人間ドック
検査項目 国の定めた一般検診の基準項目
平均11項目
一般検診の基準項目+付加検診
平均70項目
発見できる
病気
約1,000種類 約5,000種類
料金 企業や自治体が一部または全額負担
無料〜1万円前後
全額自己負担
平均4〜5万円程度
ページの先頭へ戻る

いくらかかるの?

健康診断は一般的に健康保険適用外・・・つまり、実費扱いとなります。そのため、想像以上に高い費用がかかってしまいがち。会社員の場合は年1回の健康診断が義務付けられているうえ、その費用も会社が負担してくれるので、料金を気にする人は少ないでしょう。しかし、主婦やお年寄りなどは自分でお金を払い、自主的に受けなければなりません。そこで、気になるのが「料金」ではないでしょうか? 

問診や触診、アドバイスなどで料金にはバラつきがありますが、一般的な検査項目であれば5,000円前後となっています。ただし、CTスキャンやマンモグラフィといった多くのオプションがあり、実際は5,000〜2万円と診察料が上下することも。

ページの先頭へ戻る

健康は1日にして成らず!

健康は1日にして成らず!不健康な生活を送っている・・・とわかっていながらも、「そのうち直そう」と放置していませんか? しかし、健康は1日にして成りません。毎日の積み重ねが健康を守るのであって、健康を損なってから後悔しても、もう遅いのです。明日から・・・ではなく、今すぐにでも健康への一歩を踏み出しましょう。

そこで、まずは健康診断を受けて、自分の健康状態に「気付く」ことからはじめてみませんか? 症状が出てからではなく、症状が出る前に気付くことに意味があるのです。

ページの先頭へ戻る