検体検査

スポンサードリンク

ホーム > 検体検査 > 便潜血検査

便潜血検査

健康診断や人間ドックで便の検査・・・いわゆる「便潜血反応検査」を受けたことがある人も多いのではないでしょうか? この検査は便に混じる血液を確認するとともに、病気の診断にも役立ちます。

便潜血反応検査とは

便の中に血液が混入していないか調べる検査で、現在は赤血球由来のヘモグロビンを検出する「免疫学的便潜血検査」が主流となっています。ただし、上部消化管(胃や食道など)からの出血に関しては胃酸や消化酵素の作用、さらには腸内細菌による変性あるいは分解によって検出が困難です。よって、この検査は大腸をはじめとする下部消化管からの出血を検出するものと考えていいでしょう。

ページの先頭へ戻る

どんな検査をするの?

消化管に出血があると、便がそこを通る際に血液が付着あるいは混入して出てきます。出血量が多ければ一目でわかるのですが、ごくわずかな出血の場合、肉眼では識別できません。このような少量の出血を発見し、診断の目安となるのが「便潜血反応検査」です。

  便潜血反応検査
内容 口〜食道、胃腸を経て肛門まで続く長い消化管のどこかに出血があると、便に血液が混入します。出血が多ければ一目でわかるものの、微量だと肉眼ではわかりません。そこで、採取した便に試薬を混ぜ、その変化で血液の混入を調べる検査です。
測定方法

以前は血液中のヘモグロビンが酵素の働きで青く発色することを利用した「化学的潜血検査」が行われてきましたが、これだと食物中に含まれる動物の血液や野菜の成分などにも反応する(偽陽性)ため食事制限を要するうえ、判定精度にも問題があるとされてきました。そのため、現在は人のヘモグロビンだけに反応する「免疫学的便潜血検査」という方法が行われるようになり、偽陽性も少なくなってきています。

なお、検査を受ける際にはその精度を上げるためにも、採便方法や検査までの検体保管方法などに注意が必要です。まず、検体は数ヶ所から採取し、トイレの洗浄水に添加されている消臭剤や消毒液が混入しないよう注意します。また、便潜血では時間の経過とともにヘモグロビンが変性するなどの理由で偽陽性率が上昇するため、採取後すみやかに検査することも重要です。

基準値 眼底検査の基準値は「陰性」となっています。
判明する病気

大腸疾患の多くで出血がみられるため、この検査は病気をふるい分けるためのスクリーニング検査として広く用いられています。健康診断でも重要な検査項目の1つに位置づけられ、特に「大腸がん」の早期発見のためには欠かせません。

かつて日本では欧米に比べて大腸がんが少ないとされていましたが、食生活の欧米化や高齢化に伴って大腸がんが増加して、便潜血検査の意義は高まりつつあります。しかし、便潜血検査で陽性になったからといって必ずしも重大な病変(大腸がんなど)が確認されるわけではなく、鼻や歯茎からの出血、痔など肛門周囲の病気でも同様の反応になるので、注意が必要です。陽性のときは下部消化管を精査し、出血部位を区別する検査を行います。

ページの先頭へ戻る

便潜血検査のココに注意!

便に潜んでいる血を検査する・・・という目的から言うと、当然のことながら「出血している病気」しかわかりません。早期がん(特に平坦ながん)は出血しないことも多く、どうしても見逃されがち。また、採便した日に限って出血していなかったり、血液の混じっていない部分を採取していたりすると、陽性反応を示さないこともあります。つまり、便潜血検査が「陰性」だったからといって、必ずしも疾患がないとは言い切れないのです。

逆に、陽性であっても重大な病変が確認される・・・とは限りません。実際に、鼻や歯茎からの出血、痔など肛門周辺の病気でも陽性反応を示すことがあります。便潜血検査はあくまで「スクリーニング検査」であることを念頭に置き、過信しすぎないようにしましょう。

ページの先頭へ戻る