生理学的検査

スポンサードリンク

ホーム > 生理学的検査 > 心電図検査

心電図検査

心電図は心臓の筋肉が鼓動を打つために生じる微弱な電気信号を検出し、波形として記録するものです。これによって心臓の状態を知り、病気の聴講などを読み取ることができますよ。

どんな検査をするの?

心電図心臓の筋肉は微量な電流によっていっせいに収縮し、ポンプとして効率よく働いています。心電図はこの電流をグラフにして、心臓の働き具合をみる検査です。

  心電図検査
内容 心臓の筋肉が収縮するごとに生じる微量の活動電流の変化を図形に記録し、その働きを調べる検査です。簡便で、なおかつ豊富な情報が得られることから病気の発見と診断、病状の把握だけでなく、健康な心臓の状態や反応を見るためにも使われます。
測定方法 心電図には数種類ありますが、一般的な健康診断で用いられるのは「12誘導心電図」です。ベッドに仰向けになり、手首と足首に4個、胸に6個、腕と胸部の境目に2個、計12個の電極をつけて、それぞれの方向から心臓の電気信号を記録します。検査は約1〜2分で済み、痛みなどは全くありません。なお、検査を受ける際は上半身裸になり、靴下や貴金属類(腕時計など)も外します。検査中は全身の力を抜き、リラックスするよう心がけましょう。
基準値 心電図の基準値は「異常なし」となっています。
判明する病気 不整脈の有無をはじめ、狭心症や心筋梗塞、心肥大などの心筋の病気、さらに心臓を包む心膜の病気(心膜炎など)がわかります。しかし、心電図だけでは確定診断に至らないことも多く、臨床現場では他の検査(心エコーや負荷心電図、心筋シンチグラムなど)と組み合わせて診断するのが一般的です。
ページの先頭へ戻る

心電図検査の所見

健康診断では心電図をとった直後に自動装置による解析が行われ、事細かな結果を打ち出します。その際、所見のところに聞きなれない専門用語が記載されていて、何がなんだかサッパリ・・・という方も多いはず。そこで、主な所見についてご説明したいと思います。

主要な所見区分

高電位差またはR波増高 普通よりも波形の振れが大きい状態です。心肥大があったり、心臓の位置がずれていたりすると、このような所見がみられます。
左室(右室)肥大 4つに分かれている心臓の各部屋に負担がかかっている状態で、血圧が高かったりすると見られます。
ST・T変化 冠静脈の動脈硬化が主な原因で、心臓の筋肉に十分な血液が行き渡っていない状態です。心肥大や虚血性心疾患などが疑われます。
T波異常 ST・T変化の前触れとされていますが、これだけで終わることも多く、健康な人にも一過性(食後など)に見られる症状です。
完全脚ブロック 心臓は神経の電気信号によって興奮時により早く動くよう指示されていますが、この伝達が普通よりも遅いことを意味します。
期外収縮 脚ブロックとは逆に、興奮時の伝達が早すぎる状態です。健康な人にもみられ、他の所見で問題がない限りはさほど心配いりません。
心房細動 心臓のチームワークが乱れ、まとまっていない状態です。血栓が出来やすく、心筋梗塞などを招くこともあるので、治療が必要になります。
心筋梗塞 心臓にいつ破裂するかわからない爆弾を抱えている状態です。言うまでもなく、早急な治療を要します。
ページの先頭へ戻る

病的かどうかの判断が必要!

心電図に異常があるからといって、その全てが病的なものとは限りません。そのため、もし「異常がある」といわれたら、それが病的かどうかを判断する必要があります。そこで病的と判断されれば早期に治療を行い、その可能性が低ければ過度な心配は無用です。しかし、心電図以外の問題点(気になる生活習慣など)があれば、将来の心臓病のリスクが高くなるので、可能な限り是正してください。

ページの先頭へ戻る