生理学的検査

スポンサードリンク

ホーム > 生理学的検査 > 眼底検査

眼底検査

目は「心の窓」といわれていますが、実は外から体の中をのぞくことができる「体の窓」でもあるのです。特に、眼底は血管の状態を直に観察できる唯一の場所でもあるため、最近では「眼底検査」を組み入れる健康診断も増えてきました。

どんな検査をするの?

血管の状態を直接観察できる唯一の場所が「眼底」で、この検査では眼球の奥の網膜や脈略膜、血管や視神経の出入り口を観察&撮影することが可能です。また、そこに現れる症状から目の病気だけでなく、頭蓋内の病気、動脈硬化、糖尿病などによる血管の病変なども確認することができますよ。

  眼底検査
内容 眼底検査では網膜血管を含めた網膜、視神経乳頭、網膜の外側に存在する脈絡膜、眼球の内部の硝子体を直接みて検査します。眼底の血管は体の中で最も鮮明に観察できるため、目の病気だけでなく、脳や血管など、全身の病気について多くの情報を得ることができるのです。
測定方法

眼底カメラや眼底鏡という器械の小さな穴についたレンズを通して、眼底を覗き込みます。まず、散瞳薬をさして瞳孔を大きく広げたうえで、眼底鏡で瞳孔の中を観察し、眼底カメラで撮影します。眼底カメラによる検査では眼底を観察するとともに、鮮明な眼底のカラー写真を撮影することも可能です。

ちなみに、散瞳薬を用いずに眼底撮影をする場合などは眼球の病気というよりも、むしろ内科的なチェックをしていると考えていいでしょう。なお、眼底検査は強い光を目の中に照射して行うため、とても眩しいです。しかし、そこで目をつぶってしまうと十分に検査ができません。

また、見る方向を指示された場合には、しっかりそちらを見ることも大切です。検査後は目がくらんだ状態になりますが、すぐに回復します。ただし、散瞳薬を用いた眼底検査では、その影響が数時間持続し、しばらく見難い状態が続くので、車の運転などはしない方が無難です。

基準値 眼底検査の基準値はKWO度以下となっています。
判明する病気 眼底検査では硝子体混濁や網膜脈略膜疾患、視神経疾患、緑内障などの病気が確認されます。また、高血圧や動脈硬化、糖尿病、脳腫瘍など全身の病気が発見されることも少なくありません。糖尿病や高血圧、動脈硬化などの病気が気になる方は、ぜひ年1回は眼底検査を受けてみてください。
ページの先頭へ戻る

眼底検査の結果と疾患

眼底の網膜には細かい血管がさまざまな形で枝分かれしながら走っていて、この血管が描く模様には一定のパターンがあります。それが何かしらの病気によって崩れるのですが、その崩れ方は病気によりけりです。特に、眼底の血管は脳の血管と密接な関係があり、しかも脳の血管と似たような変化を示します。脳の血管を直接調べることは難しいだけに、眼底検査はその変化を知るうえで極めて重要な手がかりとなっているのです。

病気 病気によって生じる血管の変化
高血圧 動脈が全体的に細くなる「狭細化」、太さが不揃いになる「口径不同」、出血やその跡「白斑」、視神経が集まる乳頭部の浮腫などがある。
動脈硬化 動脈の反射が強く、血管が輝いて見えるようになる「銅線動脈(銀線動脈)」がある。
糖尿病 毛細血管に瘤ができる「毛細血管瘤」、瘤が破れる「眼底出血」、漏れ出したものが沈着する「白斑」、細くもろい血管ができる「新生血管」などがある。
脳の病気 脳出血や脳腫瘍によって脳が圧迫されると、視神経に集まる乳頭部に両目とも浮腫がみられる。
ページの先頭へ戻る