健康診断の判定区分

スポンサードリンク

ホーム > 健康診断の判定区分

健康診断の判定区分

健康診断を受けるとなれば、その結果が気になるところです。「要再検査」なんていう判定を見て、「え??」と焦った方も多いのではないでしょうか? そこで、今回は健康診断の判定区分について見ていこうと思います!

検査結果の報告

健康診断書健康診断の結果は、「健康診断書(検査成績表)」という形で知らされます。これは検査データに基づき、医師が受診者の健康状態について異常がないかどうかを判定したものです。

検査成績表には2通りがあり、1つは検査項目ごとに判定の元となる基準値と受診者の測定値を併記し、医師の総合的な所見を書いたもの。もう1つは検査データを下に医師が臓器や検査内容ごとに診断し、A、B、C・・・などと段階別に判定ランク(以下参照)をつけたものです。

施設によっては2通りの成績表を1枚の用紙に打ち出し、独自の報告書を作成しているところもあります。検査成績表は、いわば定期的に受け取る健康歴の「通信簿」です。次回の検査成績と比較するほか、病気になったときに参考になる記録でもあるので、大切に保管しておきましょう。

ページの先頭へ戻る

基準値ってなに?

「基準値」というのは健常人特有の数値や状態、つまり不特定多数の健康な人の“平均値”を意味します。では、いかなる条件をもって「健常人」としているのでしょう? 日本人間ドック学会では、以下のような条件を満たす人を「健常人」として、それらの集団について測定した数値を基準値、または基準範囲としています。

「健康な人」の条件

(1) 今までに大きな病気(脳血栓や心筋梗塞、高血圧、糖尿病、肝炎など)を患ったことがない人
(2) たばこを吸う際、1日20本までの人
(3) 飲酒する際、日本酒に換算して1日2合までの人
(4) 血圧があまり高くない人
(5) 肥満していない人
(6) 検査値が異常でない人

ページの先頭へ戻る

判定区分

検査結果の判定は、以下のような段階で示されます。なお、これは施設によって異なるので、健康診断書を貰ったら、よく確認してください。

結果区分 意味
A 異常なし 異常な所見が認められません。 今回の結果で油断せず、より健康的な生活を心がけましょう。
B 有所見健康 治癒した所見や処置が不要な所見はありますが、日常生活には支障がありません。
C 要経過観察 緊急性はないものの、定期的に経過を観察する必要があります。 医師などに相談して、生活習慣(食事など)を改めましょう。
D1 要再検査 データに異常が認められ、一時的な変動かどうかの確認を要します。 必ずしも「病気がある」と診断されたわけではないので、なるべく早めに再検査ないし精密検査を受けましょう。
D2 要精密検査 異常な所見が認められ、健康障害や疾病を確定する必要があります。
E 要治療 医師による医療措置または検査を必要とします。 専門医や主治医の指示に従ってください。
F 治療中 現在治療中で、なおかつ今後も医療措置(服薬など)を必要とします。
ページの先頭へ戻る

異常値・・・これって病気??

異常値・・・これって病気??健康診断で異常値を示したからといって、「異常(または病気)がある」と思い込むのは早過ぎです。基準値といっても、年齢や性別によって値は異なります。また、同じ人でも測定日時や季節、食事、運動、妊娠などの条件によって測定値に生理的変動がみられるのも事実です。

さらに遺伝的要因や生活環境による影響も指摘されていて、たった一度の検査だけで異常や病気の有無を特定することは極めて困難といえます。かといって、検査結果を過信するのはいかがなもの。再検査となっているにも関わらず、「大丈夫だろう」と高をくくっていると、自覚症状があらわれたときには既に手遅れ・・・なんてことにもなりかねません。そうならないためにも「再検査」や「要精密検査」といわれたら、すぐに対応しましょう。

ページの先頭へ戻る